離婚に伴うリスク

日本国内で3人に1人が離婚していると言われています。
違う環境で育った他人同士が共に生きていく事は、なんど難しい事かと思わされます。
離婚理由の最大トップが“性格の不一致”というのも、つきつめていけばお互いの違いを認め合えない、習慣を受け止めきれないなど原罪とも言える業の深さにたどり着きます。

また、子どもが自立してから離婚をするというように、女性の多くは考えるようです。
しかし憎んでいる相手と20年近く、平然と生活できるものでしょうか。
必ずどこかで雰囲気を出してしまうものです。
実際に子どもを抱えた女性が1人で生きていけるほど、社会は女性に優しくはできていません。
それだけに離婚を考えたら、生活費や養育費、どこに住むか、福祉的支援は受けられるか、子どもの親権はどうなるか、といった事も準備していかなければなりません。
離婚は離婚届けを提出した時点で成立しますから難しくはありませんが、相手が離婚に同意しなかった場合は裁判離婚を選択する事になります。
ちなみに弁護士の仕事は法的手続きを進める事ですから、様々な手段を使ってでも離婚へ持っていってくれるでしょうが、カウンセラーは、心の問題に触れながら離婚しない選択へ持っていく可能性があります。

なぜ離婚したいのか、それをまず考える事が重要です。
子どもの健全な発達を考えれば、離婚は最終手段にすべきなのです。
もちろん夫の暴力などが背景にあるなら例外です。
今回は離婚の前に準備しておくことについてお話します。



▼特選サイト
裁判離婚をお考えなら法的手続きができる弁護士へ相談してみましょう > 弁護士 離婚

Copyright © 2014 離婚の前に準備しておくこと All Rights Reserved.